絶対に失敗したくない!リノベーションを成功に導いてくれる業者選びのポイント

このサイトで紹介しているのは、リノベーションを成功させるために覚えておきたい業者を選ぶ際に重要となるポイントです。
また、築年数が同じである物件でも、工事の内容に応じて価格に差が生じることも説明しています。
さらに、出来るだけ工事を依頼する物件周辺に事業所を構えている業者を選ぶようにすると、安心して工事を任せられるという点についても詳しく紹介しているので、実際に工事を依頼する業者を選ぶ時の参考になります。

絶対に失敗したくない!リノベーションを成功に導いてくれる業者選びのポイント

リノベーションを成功させるために役立つ業者選びのポイントは、大きく分けて2つあります。
1つ目はリノベーションの施工事例の数です。
施工事例によって、業者が携わってきた物件の種類や規模が分かるだけなく、デザインなどが自身の好みに合うかどうかも確認出来ます。
2つ目は希望する条件に業者の得意分野が一致することです。
一致している場合は、自身のこだわりが反映されるようなリノベーションが実現する可能性が高くなるでしょう。

リノベーション物件は物件により工事の程度に差があるので注意が必要

国内では昨今、中古物件の需要が非常に高まりを見せています。
さらにリノベーション物件というスタイルも多く、室内から外観を一新して販売されるのも人気になっている要因です。
ここで注意したい点は、リノベーション物件は物件によって工事の程度に差があるということです。
あくまでも一部分を修繕するというのがリノベーション物件であるため、基本的な骨組みなどは変更されません。
たとえば和室をフローリングにする、浴室の浴槽を入れ替えるという程度の改装というわけです。
築年数が経過している物件の場合は屋根の張り替えや外壁修繕をする場合もあり、これらを実施していると販売価格が若干高くなります。
工事の度合いを知るには、販売広告の詳細を参照すると知ることができます。
この点を注意して購入を検討しましょう。

収納不足の解消はリノベーションで解決

衣類や家電などを入れておくためのスペースが不足していてストレスを感じる時にリノベーションを行うと、収納に関する問題を一度に解消できます。
土地が狭くてクローゼットなどを置けない時には、屋根裏部屋を作りたいと依頼することでスペースを確保することも可能です。
屋根裏部屋をウォークインクローゼットのように使うことで、自室に置いてあるクローゼットを広く使えます。
リビングなどの上部のスペースに余裕がある時には、梯子で上れるロフトを設置することで部屋数を増やせます。
ロフトには小さな棚も配置できて、ロフトを子供部屋として使っている家庭も珍しくありません。
自宅にロフトを設置する際には壁に窓を追加することで、高所から外の景色を眺められる素敵な空間を作れます。
リノベーションならロフトの大きさやデザインも自由に選べて、一戸建て物件なら床下のスペースを収納として使えるなど、プランの自由度の高さでも注目されています。

子育て世代だからこそ行いたいリノベーションでの間取りの変更

リノベーションとは、今ある建物に対して新しい機能や価値をつけるための工事をいいます。
子育て世代だからこそ行いたいリノベーションとしては、間取りの変更が挙げられます。
家族と過ごす時間を大切にしたいという時には、リビングとキッチンの間仕切りなどをなくしてリビングの一角に子どものスペースを作るということができます。
勉強できるデスクカウンターを増設したり、教科書や勉強道具のしまいやすい棚などを取り付けるということが可能です。
リビングにスペースを作ることによって、親が見守りやすくなるほか、子ども自身が整理整頓を身につけやすくなるという効果も期待できます。
キッチンの一部をワークスペースにするというのも、働く親にはおすすめの変更です。
煮込み料理をしている間に、仕事を進めたりメールをチェックするなどができれば効率よく働けます。
そのほか、子どもの成長に合わせて間取りが変更できるようにコンセントなどの配線やエアコンの配管などを意識した工事をするのも大切です。

在宅ワークもリノベーションで快適な作業空間を作ろう

在宅ワークをしていると、これまで気にならなかった部分が気になり始めて、仕事をするのに適切な空間ではないと感じることがあります。
快適な作業空間にするためにリノベーションをする場合、まずは変更したい箇所や目的を明確にして予算を決めます。
予算内に収めることが大前提ではありますが、作業効率を高めるために必要な工事があれば費用対効果を考えて実施するのも良い方法です。
よくあるのが、狭い空間の方が落ち着くからと部屋を区切るようなリノベーションです。
広い部屋をわざわざ区切るのはもったいないと感じるかもしれませんが、作業をする上で小さなスペースの方が集中できる人もいて、その場合の仕切りは比較的簡単に取り外せるものにします。
もともと壁になっていた場所でなければ耐圧の問題もありませんので、必要がなくなった時に自由に取り外せます。
他にも窓の位置をかえたり収納スペースを新たに設置したりと、作業空間に必要な変更を加えると効率が高まるのでお勧めです。

筆者:藤田祥吾

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
リノベーションで屋根裏部屋を作ったら収納が楽になりました。
横浜 リノベーション